【栃木県日光】霧降の滝・キスゲ平で日光の大自然に浸る!「明治の館」で極上西洋料理

旅行

日光三名瀑の1つ 霧降の滝

日光東照宮巡りで、陽明門や徳川家康のお墓など歴史的建造物を満喫した。

【栃木県日光】日光東照宮を巡る旅!神橋・大鳥居・表門・五重塔・三猿 前編
板垣退助像と神橋 国道119号で日光グルメを満喫。 いよいよ、日光東照宮...
【栃木県日光】日光東照宮を巡る旅!陽明門・唐門・左甚五郎の眠り猫・徳川家康のお墓 後編
日光東照宮:陽明門・唐門 日光東照宮、神厩舎の有名な三猿まで鑑賞できた。 次に見えて...
次は、日光の自然に浸りに行こう

時刻は午後3時頃。

日光東照宮を出て、車で向かった先は霧降の滝。日光三名瀑の一つに数えられている滝だ。

霧降の滝の駐車場近くには、お土産屋と雰囲気の良さそうなレストランがあった。

公衆トイレも発見。

助かったある

案内板は、英語・日本語・韓国語。

案内板に従って進む。遊歩道は綺麗に整備された石畳でスタートだ。

傾斜があるところには、階段や手すりが設けられており、ラフな服装や靴でも観瀑台まで行くことができる。

日光東照宮とは一変、他の観光客をほぼ見かけない静寂。

遊歩道の周囲は手付かずの大自然が広がる。

野生の動物が出て来そうな雰囲気あるね

入り口から歩くこと10分程度、距離にして340m。滝の音が聞こえてきた辺りで、ついに観瀑台に到着!

観瀑台は木造だ。頑丈そうではあるが、かなり高所に突き出した作りなので、若干の恐怖心が煽られる。

滝の上部は木々に隠れて見えにくいが、何とか撮影。

霧降の滝は落差85mの2段滝。1段目は激しく飛沫を上げ、2段目は40mの落差を滑り落ちる。

飛沫が霧のようになることから、霧降の滝 と命名されたとか。

肉眼や手持ちのスマホでは、滝の迫力を捉えきれないね…

しばらく、広大な山々の景色と、滝の弾ける音を鑑賞。

これぞ、大森林浴ある!

ちなみに秋に来れば、さらに紅葉に染まる山の斜面を滑り落ちる滝の絵が撮れるらしい。

 

キスゲ平で高原に浸る

次に向かったのは、キスゲ平。

赤薙山の中腹、標高1,300m~1,600mにかけて広がる高原だ。

遊歩道と天空回廊と呼ばれる1,445段の階段が整備されており、眺望や草花を楽しみながら歩いて園内を散策することができる。

いざ!キスゲ平へ

9月、季節は夏。しかし、標高が高く日も沈んできたキスゲ平はとても寒い。

シカ侵入防止柵をくぐってほんの少し。すでに辺りは暗くなって来た。外灯もなさそうだ。

ぶるぶる

このまま登ってしまうと、降りる頃には日が完全に沈んでしまう…

ということで、キスゲ平は勇気ある撤退をした。まだまだ序盤ではあるが、日光を見渡せる澄んだ景色を見ることができた。

キスゲ平は標高が高く夕方頃から気温が下がるため、余裕を持って訪れるようにすべし

 

明治の館 で西洋料理ディナー

日光東照宮、霧降の滝、キスゲ平と連続して観光を続けてきたグースとハム。

さて、いよいよディナーあるね

ディナーの場所は、2006年登録有形文化財に登録された明治の館だ。

閑静な日光不動苑に建つ明治の館。

アメリカの貿易商F.W.ホーンの別荘として建造されたもので、明治時代の文明を今に伝える石造りの洋館レストランだ。

貿易商F.W.ホーンは、日本に初めて蓄音機を紹介したことで有名だね

明治の館近くには、とても雰囲気の良い系列店がある。せっかくなので、のぞいてみた。

⬇︎本館明治の館の別棟を改築した別館游晏山房。こだわり抜いた西洋料理を楽しむことができる。

⬇︎千古の歴史を秘めた日光不動苑に佇む 堯心亭(ぎょうしんてい)。日光で唯一の四條真流の流れを汲む精進料理専門店だ。

周囲を一通り散策したところで、明治の館に入った。黒と白のモノトーンコーディネートのメイドさんがお出迎え。

外観負けしない、明治の息吹き漂う店内。

暖炉は本物のようだ。

料理を注文してから待つこと15分程度。まず運ばれ来たのは、かぼちゃスープ。

とろみのある奥深い味わいが良い。

食べかけの写真あるね

続いて、エビオムライス。デミグラスソースとふわっふわの卵、チキンライスとぷりっぷりのエビのコラボレーションが堪らない!

そして、ど定番のハンバーグ。デミグラスソースと肉の旨味にただただ感動。

デザートはシンプルなチーズケーキとコーヒー。

デザートセットが驚くほど美味しかった!このチーズケーキ、また食べに来たい

こうして、明治時代が作り上げた極上の西洋料理で空腹を満たした。

 

日光で西洋料理を食べたい時には、明治の館 に来るべし!極上の西洋料理と石造りの情緒溢れる建築を楽しむことができる。

 

記事一覧
記事一覧 【海外旅行・国内旅行・ハムの部屋・グースの部屋】 海外旅行 ニューカレドニア ...

 

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント