【栃木県日光】日光東照宮を巡る旅!神橋・大鳥居・表門・五重塔・三猿 前編

旅行

板垣退助像と神橋

国道119号で日光グルメを満喫。

【栃木県日光】和み茶屋「湯波懐石」でランチ!「三福茶屋」炭火焼だんご
栃木県日光 そこは、江戸時代に徳川家康と家光の廟地になって以来、日光東照宮の門前町として栄えた。 ...
いよいよ、日光東照宮に向かう

国道119号はなだらかな上り坂。道沿に並ぶ雰囲気のある店を眺めながら歩く。

これは日光物産商会のお店だ。国登録有形文化財と大きく書かれている。

全体像。朱色の瓦屋根がとても目立つ。

日光物産商会のすぐ近く。銅像が青空に映える。

すぐ近くに公衆トイレがあって助かったある

この辺りで交差点に出る。週末の車の賑わい。

すぐ下には透明度の高い綺麗な川がある。その川を渡す赤い橋。

これが神橋だ。日本三大奇橋の1つらしい。

神橋は見る分には無料だが、橋を渡るのは有料(¥300)。今回は見送ることにした。

こちらには板垣退助像。「板垣死すとも自由は死なず」は有名な名言だ。

神橋を横目に見ながら、コンクリート橋を渡る。突然広がる森。

森を左手に進むと、世界遺産 日光の社 と刻まれた石を見つけた!

ここから、しばらく階段が続く。木漏れ日の大自然に浸る。

ぜえぜえ

ずっと続く杉並木。

杉並木を抜け、大きな駐車場を進んでいくと、ようやくそれらしき建物を発見。

近くに参拝図があった。東照宮の位置を確認。

心!

 

日光東照宮:大鳥居・表門・五重塔・三猿 

広い砂利道に出た。ここが表参道らしい。

東照宮と刻印された石柱。

そしてついに、大鳥居に到着!

戦国武将である 黒田長政 が建設したこの鳥居は、石を組み合わせて作られている。

福岡県で採れた石をわざわざ船で日光まで運んできたものだとか。

忠義を伝えるためとはいえ、すごいね

鳥居を抜けると、五重塔。カラフルでど迫力な重要文化財だ。

東照宮境内略図で雰囲気を掴む。

続いて表門。こちらも重要文化財で、ここから先は有料である。表門の 仁王像 は見所だ。

チケットを購入し、いざ中へ。

まず見えて来たのは三神庫。上神庫・中神庫・下神庫の3つだ。

上神庫の妻側には2頭の象の彫刻がある。

実際の象とは姿が異なることから、狩野探幽 が想像で描いたものとされる。

想像で描いたにしては、かなり上手だと思う

そしてついに…

見ざる言わざる聞かざるの三猿ある!

実はこの三猿、他にもたくさん彫刻されており、全部で8面16匹で猿の一生を描き、人生を物語っているのだとか。

彫刻されているのは神厩舎で、真っ白な毛並みが特徴の神馬が飼育されている。もともとは、陰陽五行思想で、猿は馬を病気から守るといわれ、神厩舎に彫刻が施されたらしい。

8面はそれぞれ、母子・幼年期(これが三猿)・少年期・青年期・岐路・物思い・結婚・妊娠を描いている。

三猿以外で印象的だったのは、青年期の猿。意味するところは、「上を見な・身の程を知れ」。しかし…

面白い格好をしているある

説明書きがないと作者の思いが伝わらない… よくあることだ。

背景の歴史を知っていると、観光をより楽しめるね

 

記事一覧
記事一覧 【海外旅行・国内旅行・ハムの部屋・グースの部屋】 海外旅行 ニューカレドニア ...

 

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント