【シンガポール旅行記】リバークルーズで夜の絶景とレーザーショーを鑑賞する

旅行

リバークルーズ チケット売り場での格闘

シンガポールの夜の街 クラーク・キーに繰り出したグースとハム。

【シンガポール旅行記】チリクラブと夜の街 クラーク・キーの宴
シンガポール名物 チリクラブでディナー シンガポール初日のディナーは、名物のチリクラブを食べること...

実は、とても楽しみにしていることがある。

リバークルーズでマリーナベイ・サンズのレーザーショーを見る!

シンガポール観光の人気アクティビティの1つ、それが、シンガポールリバークルーズ。

クラーク・キーからマリーナベイエリアまでを網羅するこのツアーは、夜の人気が特に高い。夜景が絶景だからだ。

さっそく、クラークキーのチケット売り場に向かったのだが… 想像を絶する光景が広がっていた。どこまでも続く人の列、売り場に押し寄せる人々のうねり。

人混みすぎてもはやどこに並んで良いのかすら分からない。下写真は対岸から、その混み具合を撮ったものだ。

ここに並ぶ勇気はないある。。

ショックに打ちひしがれたグースとハム。グローバルWi-Fiも持っておらず、他のチケット売り場を探す術がない。

しばらく夜の街をさまよい、何気なくRead Bridgeを渡り リバーサイド・ポイント側に移動した。

MRT ノースイースト線のクラーク・キー駅に直結するショッピングモール クラーク・キー・セントラル 辺り。カラフルにライトアップされたショップハウスが並ぶ。

うろうろ歩いていると、リバークルーズのチケット売り場を発見!しかも、すいてる!

その名も、Water B!


出典:https://www.klook.com/activity/3240-river-boat-cruise-singapore/

さっそく店員に話を聞くと、まだチケットを売っているとのこと。マリーナベイサンズでのレーザーショー付きのチケットを無事に購入!38$だ。

 

リバークルーズ レーザーショー

チケットを買ってから待つこと約15分。船がやってきた。

クルーズとは言うものの、豪華客船のような船ではなく、荷物運搬で使われていたバムボートという小ぶりな木造船だ。

席は早いもの勝ち。良い席が取れた。船に乗った瞬間から広がるシンガポールの夜景。

まっすぐに平行を保つ光のライン。階段のライトアップが美しい。

街中の至る所がライトアップされている。

橋を幾つかくぐるとたどり着く ボート・キー。ここの川岸には、レトロな雰囲気のお店が軒を連ねる。

ラス席では多くの人が料理にお酒にを楽しんでいるようだ。

ホワイトハウスのような建物。ザ・フラートン・ホテル・シンガポール。

振り返ってみた。

映画 「AKIRA」「メトロポリス」に登場する高層ビル群を彷彿させる壮大な景色が続く。


出典:AKIRA 1988年


出典:メトロポリス 2001年

シンガポールの国力が伝わってくる夜景。

大都会のど真ん中をリバークルーズで進む。迫力満点だ!

マーライオン!シンガポールの象徴は、ライトアップされ放流していた。

マリーナ湾にせり出した建物。ガラス張りの部屋はとてもオシャレだ。

視界を埋め尽くすビル群。まさに、高層ビルの森!

そして、ついに…

マリーナベイ・サンズある!

到着後、ほどなくしてレーザーショーが開幕!ライトアップされるのは、マリーナベイ・サンズだけでない。

周囲の商業施設、噴水etcも一体となった都市全体のエンターテイメントショーが繰り広げられた!

勇ましい音楽から、戦場のピアニストまで、いろいろなサウンドが都市全体を包む。

それと連動して、噴水やライトアップ、マリーナベイ・サンズ屋上から街へと放たれるレーザー光がリズムを刻む。

ショーの間、船はちょっとずつ動く。噴水のしぶきが風に乗って飛んできた。良いね!

手前左側。科学美術館の一部が赤くライトアップされ、炎の片鱗のようだ。

おまけ。パンパシフィックホテルの部屋から見る夜景。

 

シンガポールに行くなら、ナイト・リバー・クルーズは絶対乗るべし!ド派手なショーとダウンタウン夜景は圧巻!ただし、事前にクルーズ情報はしっかり調べよう

 

リバークルーズの基本情報

リバークルーズを運航する会社は、シンガポール・リバー・クルーズ社、ウォーター・B社の2つ。どちらも料金やルートは同じだが、チケット売り場・乗り場が異なる。

ハムとグースがお世話になったのが、ウォーター・Bだ。

シンガポール・リバー・クルーズ
・営業時間:9:00 – 23:00、15分間隔で運航、最終便は22:30、レーザーショークルーズは19:30、20:30
・休業日 :なし
・料金  :大人 $25、子供 $15(レーザーショークルーズは $38)
・所要時間:約40分

 

ウォーター・B
・営業時間:8:00 – 22:00(月-金)9:00 – 22:00(土日祝)、20-25分間隔で運航
・休業日 :なし
・料金  :大人 $25、子供 $15(レーザーショークルーズは $38)
・所要時間:約40分

 

チケット売り場・乗り場

ハムとグースも苦戦したチケット売り場探し。場所を網羅的に知っておくことで、より混んでいない・快適に乗れる場所を探し出すことができるはずだ。

シンガポール・リバー・クルーズ 全8箇所
・レッドブリッジ(Read Bridge)
・クラークキー(Clarke Quay)
・ボートキー(Boat Quay)
・フラトン(Fullerton)
・エスプラネード(Esplanade)
・マーライオン パーク(Merlion park)
・ベイフロント サウス(Bayfront south)
・プロムナード(Promenade)

 


出典:https://ryokoukankou.com/singapore/sightseeing-clarkequay-river-cruise.php

ウォーター・B 全6箇所
・キム セン(Kim Seng)
・ハブ ロック(Havelock)
・フォート カニング(Fort canning)
・ユー トン セン(Eu Tong Sen)
・ラッフルズ プレイス(Raffles Place)
・ベイフロント ノース(Bayfront North)

ハムとグースはユー トン セン(Eu Tong Sen)から乗船したよ 

上記のように、チケット売り場はたくさんある。混み具合に応じて適切に場所を選びたいところ。

ちなみに、支払いは現金のみ。クレジットカードは使えないので要注意!

また、航路の関係で、ショー中にマリーナベイ・サンズ側を向くのは進行方向右側である。つまり、ショーが見やすいオススメの席は船右側である。

左側だと、船の屋根越しになってしまうので、多少見づらくなる。良い席を確保して、シンガポールの夜景とレーザーショーを満喫しよう!

 

レーザーショー付きのナイトクルーズは時間帯が限られているので要注意。支払いは現金のみ。ショーを見るためのオススメ席は、進行方向右側である

 

【シンガポール旅行記】ユニバーサルスタジオシンガポールUSSで遊ぶ
セントーサ島に行く ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、日本でもお馴染みのテーマパーク。...
【シンガポール旅行記】チリクラブと夜の街 クラーク・キーの宴
シンガポール名物 チリクラブでディナー シンガポール初日のディナーは、名物のチリクラブを食べること...
記事一覧
記事一覧 【海外旅行・国内旅行・ハムの部屋・グースの部屋】 海外旅行 ニューカレドニア ...

 

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント