【 シンガポール 旅行記】羽田空港からパンパシフィックホテルへ

旅行

シンガポール

いざ! シンガポール パン・パシフィックホテルへ

シンガポール旅行。まずは、最初の目的地 パン・パシフィック シンガポール を目指す!

いざ!シンガポール
夜出発便は眠いあるう

旅の始まりは、羽田空港。

2月下旬。ひな祭りが近いためか、空港の一角に、真っ赤な社と祭壇に祀られた雛人形御一行を発見。

日本の伝統をアピールしているようだ。

荷物を預け、チェックインを済ませ、晩御飯を食べることに。

1日の疲れもあったためか、濃い味付けの料理が食べたかったので、焼きそば・お好み焼きをチョイスした。もちろん、ビールも。

店員さんはほとんど外国人。接客が若干適当な気もしたが、味は美味い。

羽田空港から、シンガポール航空を利用し、シンガポール・チャンギ空港を目指す。

世界有数のトップクラスのエアラインであるシンガポール航空は、接客良し・機内食良しと評判が高く楽しみだ。

特に、CAさんのユニフォームが美しい民族衣装 サロンケバヤ である。薄手の生地でボディラインのはっきり出るユニフォームは、全人類の目の保養になる。


出典:JTB 海外旅行

SINGAPORE AIRLINES の文字がうっすらと見える。これからお世話になる飛行機だ。

 

シンガポール 航空 機内にて

ゴーーっという爆音と共に飛行機は無事に離陸。何回体験しても、浮上の瞬間に不意に訪れる緊張感になかなか慣れない(笑)。

落ち着いた頃に、さっそく自分の席についているモニターを触ってみた。

モニターはもちろんのこと、下のリモコンにもカラーディスプレイが実装されており、両方ともタッチパネル式。物理ボタンもある。

しばらく、モニターで遊んでいると、機内食が運ばれて来た。

CAさんは… 美しい民族衣装をモチーフにしたユニフォームをバッチリ着こなしている。全員美人。さすが、シンガポール航空だ。

英語も通じやすく、ドリンクメニューも1回で注文できた。機内食も申し分ないボリューム。

明け方になって、軽食も出てきた。おいなりさんだ。お腹に優しいお味。

羽田空港からシンガポールまで、フライト時間は7時間30分ほど。

ヨーロッパやアメリカに行くことに比べれば短い時間だが… 新幹線等と比較すると長時間である。

身動きが取りづらい状況で長時間過ごさないといけないので、機内では楽な格好で過ごすのが重要だ。

ハムとグースは、ウィンドブレーカーとジャージ。機内には、安いスリッパとネックピローを持ち込んで快適に過ごしたある
ウィンドブレーカー

マウンテンパーカー メンズ ウインドブレーカー 撥水 ポケッタブル FIRST DOWN 送料無料 通販M3【R4E-0751】

価格:2,490円
(2019/4/28 12:59時点)
感想(68件)

折りたたみスリッパ

折りたたみスリッパ スリッパ コンパクト 便利グッズ 旅行用品 トラベルグッズ 折り畳み ニット JTB-520001

価格:1,080円
(2019/4/28 13:02時点)

ネックピロー

送料無料 !( 定形外 ) 寝心地に自信あり!手押し ポンプ式 エアーネックピロー ネックピロー ポーチ付き 飛行機 首枕 旅行 クッション まくら カバー付き 丸洗いOK 送料込 ◇ ポンプ式ネック枕

価格:1,580円
(2019/4/28 13:06時点)
感想(22件)

飛行機内では、ウィンドブレーカー・折りたたみスリッパ・ネックピローを活用して楽な格好で過ごすべし。シンガポール航空のユニフォームは一見の価値あり!

 

シンガポール・チャンギ空港

睡眠・食事・ゲーム・映画を繰り返している内に、シンガポール・チャンギ空港に到着!

シンガポールの空のメイン玄関口。

世界のベストエアポートとしてランクインし続ける世界トップクラスのチャンギ空港は、飛行機を降りた瞬間からスケールが違った。

空港でっかい!とても綺麗で、近代的

謎のオブジェがそこかしこに置いてある。羽田空港のひな壇的な位置付けなのだろうか。

ここは美術館あるか

美術館のような出で立ちの建物だが、屋内にはヤシの木がたくさん植えられており、南国感はバッチリ伝わってくる。

荷物を受け取り、空港を出るとJTBのユニフォームを着たおじさんが笑顔で迎えてくれた。カタコトだが、日本語をしっかり話してくれた。

そのままバス停へ向かう。今回の旅行では、飛行機便とパン・パシフィックの予約をJTBにお願いしていた。楽だ!

 

パン・パシフィック

空港からバスで30分程度。暗闇に包まれたシンガポールの街中をバスが走る。

視界に入る建物は高層ビルばかりで、一軒家と呼ばれるものが1つもない。街並みはとても綺麗だ。シンガポールの国力の高さを感じる。

夜明けとともに、パン・パシフィックに到着!大きなホテルだ。

向かいの建物。

パン・パシフィック内には、広大な空間が広がっていた。丸ソファに座って、飛行機搭乗モードから観光モードに体制を切り替える。

見上げると…すごい高さだ。むき出しのエレベータが象徴的。

ジャッキーチェンが飛び回ってそうなエレベータだ

時間はまだ早朝。部屋にはまだ入れないので、荷物をフロントに預け、朝のシンガポールを散策・朝食を食べに行くことに!

 

【シンガポール旅行記】朝街散歩と喜園珈琲店 カヤトースト
カヤトースト シンガポールの朝散歩 パン・パシフィックホテルに荷物を預け、準備万端。目的地は、喜...

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント