【シンガポール旅行記】 ガーデンズバイザベイ を満喫! フラワードームで世界の春を鑑賞

旅行

ガーデンズバイザベイ

ガーデンズバイザベイ 自動運転カーで園内巡り

ベイフロント駅から地上に出ると、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが広がっていた。シンボルでもある スーパーツリー・グローブ が見える。

とてもいい天気、サングラスと帽子は必須だ。

園内自体の入園料金は無料!

広い広い巨大庭園を無料で楽しむことができる。年間来園者数は900万人近くにも達するとか。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとはシンガポール中央の埋立地に作られた 約101ヘクタール の広さの国立公園である。場所はマリーナ溜池と隣接しており、マリーナ・ベイも近い。

また、シンガポール最大の都市の憩いの場であると共に、国家の象徴でもあると、リー・シェンロン首相が2005年の段階で述べている(造成されたのは2012年)。

なるほど、入園料が無料であるわけだ

もちろん、園内のドームである クラウド・フォレスト、フラワー・ドーム 内に入るには入場料が必要だ。

とにかく広大な庭園であるガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。徒歩やレンタルサイクルで散策する方法もあるが、今回はシャトルバスを利用することにした。

切符売り場で券を買おうとしていると、ある物を発見!それは…

自動運転版シャトルバス!

さすが、シンガポール。科学技術アピールにも力を入れている。ちょっとお値段は高くなるが、せっかくなので自動運転版をチョイス。

AUTO RIDERとバッチリ書いてある。

しばらくすると、自動運転版シャトルバスがやってきた。中央のスライドドアが開き、笑顔のスタッフさんが出て来た。

運良く、お客さんはハムとグースのみ。さっそくバスに乗り込んだ。

中には客席が前後に3つずつ配置されており、運転席がない。ハンドル・アクセルなども見当たらない。本当に自動運転のようだ。

車体中央に画面があり、謎の映像が映し出されている。

聞いてみると、車体に取り付けられたいろいろなセンサ情報を小さな黄色点、GPSを使って計算された現在地が緑色の丸点、そして経路が赤線で表示されているとのこと。

バスが動くたびに、これらの点が細かく動いていた。

運転はとても丁寧、カービングも滑らかだったある

10分ほどのライディングでシャトルバスは目的地に到着。めったにみることができないので、バス周囲を写真におさめた。前方にLIDARセンサのような物が付いている。

左右方向にも、LIDAR。

後部にもLIDAR。充実したセンサのラインナップだ。

日中になると日差しが強くなるシンガポール。バスを降りてすぐの建物内に、逃げ込んだ。外暑い!

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのシャトルバスには、自動運転版がある。ちょっと高いが非日常も味わえるのでオススメ

 

フラワードームを巡る

まずは入場券を購入する。様々な種類の枯れ木を使ったオブジェは、チケット売り場で独特な雰囲気を醸し出している。

入場券は、2つのドーム施設共通(フラワードーム & クラウドフォレスト)で 大人28$ 小人15$だ。

さっそく入場券を購入。まずは、フラワー・ドーム に入場することに。ここでは、世界各地の春が再現されている。

様々な植物はもちろんのこと、ハイテク技術を駆使して建てられたドームそのものも見所である。一歩入ると、そこには圧倒的な空間が広がっていた。

広い!開放的!ワンダフル!
涼しいあるう

外気温に対して、ドーム内はとても涼しい。これは元気になる。

とにかく、スケールが桁違い。

珈中華風の建物に黄色を主とした可愛らしいお花がたくさん。寄ってみると、本物のみかんがなっていた。

定番のヤシの木エリア。

木製のリアルな鹿が走る。

ヤシの木再び。

日本ではおよそ見られない木々。どうしてこんなに太い幹なのか。

巨大まつぼっくり?

お花がアーチ状に配置されている。

ロードオブザリングに出てくるような木々。今にも動き出しそう。

くまのプーさん突然に。

赤い提灯がどこまでも吊り下げられている中華風コーナー。

提灯の連なりがドラゴンにも見える。なかなかの迫力だ。

脇にひっそりと咲いているこの黄色いお花がとてもかわいいある

サボテンコーナー。異世界生物の躍動感。

エイリアンの触手にも見える。

まんまるなサボテン。大きさはボリューミー。

アンバランスデブの木再び。見ていて飽きない。

鹿の次はドラゴンだ。なかなか良くできている。

野生が強くなりすぎて、ベンチを覆う植物達。

ドーム内から、スーパーツリー・グローブとマリーナ・ベイがはっきり見える。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワー・ドームは入場料が必要だが、絶対に入るべし!圧倒的な未来庭園は圧巻!あと、涼しい。

 

【シンガポール旅行記】 ガーデンズバイザベイ を満喫!クラウドフォレストで滝を拝む
ガーデンズバイザベイ ガーデンズバイザベイ 35mの巨大な滝 フラワードームで世界各地の春と、ハ...
【シンガポール旅行記】 ガーデンズバイザベイ への道 地下鉄を活用
ガーデンズバイザベイ ガーデンズバイザベイ ベイフロント駅へ向かう 喜園珈琲店 ワイワイ・ディエ...

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント