【佐賀・長崎】 武雄温泉 !日本最古の温泉施設「元湯」で熱湯に浸かる

旅行

武雄温泉

武雄温泉 新館と桜門

武雄市図書館で館内の圧倒的レイアウトを鑑賞し尽くした

【佐賀・長崎】 武雄市図書館 !圧倒的レイアウトを鑑賞
武雄市図書館 佐賀県 武雄市図書館 で観光カフェ 佐賀県嬉野温泉でお肌がツルツルになった。 ...
いよいよ、武雄温泉に向かう

武雄市図書館も武雄温泉も同じ武雄市にあり、車ですぐに到着。

武雄温泉の顔ともいえる 桜門 は、堂々たる出で立ちで出迎えてくれた。

近くには、桜門が国重要文化財 建造物であることを示す看板が設置してあった。

門をくぐると、平等院鳳凰堂チックな建物があった。朱色のラインと緑色の小屋根のコントラストが良い。

武雄温泉新館という建物らしい。大正ロマンとも、奈良の大仏殿ともとれる情緒溢れる建物だ。

【奈良県奈良市】 東大寺 観光スポットを巡る旅! 鹿・釜飯・大仏殿 中編
東大寺 東大寺 への道 〜 奈良公園と鹿 〜 興福寺を一通り鑑賞したので、次は ...

中には無料で入れる。雑巾掛けがいのある長い木製の廊下が続く。

年季が凄い。障子で区切られた向こう側には、広大な畳スペースが広がる。

歩くたびにミシミシ音がしたある

その昔、実際に使われていたらしい温泉施設も見ることができた。

天井の作り、空間の取り方が壮大だ。

 

日本最古の温泉施設 元湯

周辺観光を一通り楽しんだところで、そろそろ温泉へ浸かろう。

武雄温泉には、7つの温泉施設があるらしい。詳細が書かれた案内板を発見したので、じっくり読む。

熟考のすえ、①元湯をチョイス!ここは内湯2つのみのシンプルな構成である。

現在使用されている温泉施設の建物としては、日本最古(明治9年に建築)らしい。

引き戸をくぐると、木造の壁や柱が織りなす空間。高い天井の下、ゆったりとした雰囲気の中で、レトロな浪漫が漂う温泉情緒豊かなお風呂だ。

壁に、ぬる湯、あつ湯と書いてある。

引用:武雄市観光協会 

せっかくだから、まずはあつ湯から

足先をちょびっとつける。。熱い!とんでもなく熱い!43-45℃ぐらいはありそうだ。

しかし、先客のご年配の方は悠然とつかっている。

ここは気合いだ!握りこぶし両手に時間をかけ、なんとか胸元まで浸かることができた。体がジンジンする。ほどなくして、ぬる湯へ。

ぬるい。。あつ湯に慣れてしまったせいか、とてもぬるく感じる。お湯自体は若干ヌメリがある。アルカリ性の温泉のようだ。

その後、ぬる湯とあつ湯を交互に入り体の芯から温まった。さきほどの嬉野温泉 しいばの湯 とは趣向が違い、元湯 ではレトロな雰囲気であっつあつのお風呂を堪能できた!

武雄温泉 元湯
料金:大人400円、小人(3才~小学生)200円
時間:6:30~24:00(受付は1時間前まで)
住所:武雄市武雄町大字武雄7425
電話:0954-23-2001

 

【佐賀・長崎】 武雄市図書館 !圧倒的レイアウトを鑑賞
武雄市図書館 佐賀県 武雄市図書館 で観光カフェ 佐賀県嬉野温泉でお肌がツルツルになった。 ...

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント