【ニューヨーク旅行記】世界最大級のメトロポリタン美術館を巡る!中編

旅行

アフリカ編

エジプトの古代文明感に浸ることができた。

【ニューヨーク旅行記】世界最大級のメトロポリタン美術館を巡る!前編
メトロポリタン美術館 ニューヨーク マンハッタン セントラルパークの東端に位置する世界最大級の美術...

メトロポリタン美術館イチオシの展示場なのか、とても迫力のある展示が多かった。さて次は…

いよいよアフリカだ!

アフリカコーナー。エジプトに比べると人通りは少ない。

まずはアフリカにまつわる小物・人形系の展示だ。エジプトのそれと違って、全体的にまるみを帯びたあんにゅいなものが多い。

たくさんある個性的な作品の中で、青色のジーニー的な人形がいた。

小物エリアを抜けると、ひらけた場所に出た。

出迎えたのはドラクエに出てきそうな巨大な木彫りの生物。とても不気味。

ドラクエの横をススっと抜けていくと、何やら上に気配を感じる。見上げると…

巨大な凧のような物体!

独特な紋様が描かれた木の板が集合して出来上がった物体は、海中から見上げた船底にも見える。

迫力がえげつない!どうやって天井に括り付けているのか

端には理解に苦しむ木彫りの人形がトーテンポールしていた。

お腹から出ているのは臓物、小さな人間? シン・ゴジラのエンディングシーンを思い出す。

個性的あるね

エジプトとはガラリと違う雰囲気。アフリカ、とても良かった!

 

ランチ休憩

午前中からエジプト・アフリカと連続して見てきた。

小腹が空いてきたので、ランチ休憩をとることにした。

途中、土産ショップを経由。お土産屋とはいえ、芸術系の専門雑誌もたくさん並べられている。

食堂は地下にあった。いくつかフードコーナーがある中でチョイスしたのは定番 ホットドック。

これでもかというぐらいにシャキシャキ白野菜がパンの間にギュウギュウ押し込まれているアメリカクオリティー。

野菜も忘れずに。

 

アジア編

腹ごしらえを済ませた午後。次に向かったのはアジア展示だ。

エジプトやアフリカに比べると人通りはさらに減り静けさが漂う。一室でシークワーサを見かけた。

こちらは天井高さのある大きな展示室。人の何倍も大きいハニワのような人形が鎮座している。

昔の人はこんなに大きかったあるか?

さらに進むと、日本の和の雰囲気、わびさびを感じさせるエリアを発見。

室内展示だが、日本独特の庭園が広がっている。これぞ、和だ。

アジアエリアもかなり広かった。が、限りある時間の中で西洋美術と彫刻も見たかったので、アジアは途中でスキップした。

普段アジアにいるからね

 

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント