【ニューカレドニア旅行記】 メトル 島を巡る旅! 半日無人島ツアーでウミガメと泳ぐ&持ち物

旅行

メトル

メトル 島周辺の無人島ツアーへ出発

マリンスポーツ、水上コテージとメトル島を満喫しきったグースとハム。

翌日はメトル島から離れ、周辺の無人島満喫ツアーに参加した!時間は朝10時、集合場所はAQUAZURE。

当日、AQUAZURE前。ハムとグース以外にもう1組の日本人グループがいた。どうやら、同じツアーに参加するらしい。

しばらく待っていると、5-6人乗りの小さなボートが砂浜に颯爽と到着。

中から肌が茶色く焼けたロン毛のフランス人が1人降りてこちらにやって来た。「無人島ツアーを予約した者です」をどう英語で切り出すか…

ガイドさん
ガイドさん
では、行きましょう

日本語を話せる気さくなフランス人だった。よかった。簡単な名前確認をした後、船に乗り込んだ。

船はすぐに出発。ロン毛のフランス人が、運転とガイドをやってくれた。風が強い感じではなかったが、船が激しくアップダウンする場面が何回かあった。

メトル島での水上バイクを思い出す(笑)。幸いなことに船酔いしなかったが、要注意だ。

このまま途中で海に放り出されて、そのまま置いていかれたらどうしようあるか
手すりをしっかり掴んでな

そんな心配をよそに、メトロ島を背後に、船はぐんぐん沖へと出て行く。

 

メトル 無人島に到着

ロン毛フランス人が船を飛ばすこと20分程度。途中で振り落とされることもなく、無事に小さな無人島に着いた!船をさっそうと降りる。

メトル島よりさらに小さく、海の透明度が際立って見える。無人島と砂浜とボート。なんだか、漂流してここにたどり着いたかのような気分にもなる。

遠浅で透明な海。海底の様子が浮き彫り。

海の向こう側にみえる山々。

 

メトル 無人島でシュノーケリング

1周するのに5分もかからないほど小さな無人島。

見える景色は非日常で目をみはるものばかり。一通りの眺望を楽しんだ後、ボートに戻りシュノーケルを開始!

レギンス、ラッシュガード、マリンシューズとフル装備でいたグースハム。シュノーケルセットを装着し、いざ海へ!

海中は透明度が高く、白い海底がどこまでも広がっている。ところどころ、海面が黒っぽく見えるところがあり、そこには藻がびっしりと生えているようだ。

藻が生えているエリアには若干の抵抗感があり、白い海底エリアを遊泳していると、ガイドさんの声が聞こえてきた。

ガイドさん
ガイドさん
あっちにウミガメがいるよ!わたし、みました!
え!ウミガメ!?
みたいあるう

ガイドさんが指差した先は藻がびっしり生えているエリアだった… しかし、亀に藻は変えられない!と思いきって藻エリアをぐいぐい泳いで行くと

海中を優雅に泳ぐウミガメを発見!

ウミガメだ!本当にいた!
うわあああい(ちょっと怖い)

しばらく泳いだ後、ウミガメは藻で覆われた海底に着陸。キョロキョロと辺りをみまわして

藻をパクリ!どうやらお食事のようだ。

お食事中にやって来たニモ?的なお魚と目があうウミガメ。

ここはディズニーシーあるか

どこまでもついて泳ぎたかったが、ここは無人島。あまり無茶をしてはいけないと思い、ウミガメの食事シーンを見届けて、グースとハムは砂浜へと戻った。

食事を済ませたウミガメ、さっそうと泳ぎ去っていった。翼のようなヒレさばき、カッコイイね。

 

無人島で気をつけるべきこと

当然のことながら、無人島なのでドリンクを買える場所はどこにもない。ツアーによってはソフトドリンクが付いてくる場合もあるが、半日間ドリンクがないのはなかなか辛い状況だ。

事前に確認し、必要に応じてドリンクを持っていくようにしよう。

ハムグースがメトル島を訪れたのは11月、ニューカレドニア辺りはちょうど春ぐらいの時期で、気温は20℃前後。晴れていれば暖かいが、曇ると体感温度が急激に低くなる。

ウィンドブレーカー、ビーチタオルが必須!ちなみに、ビーチタオルはエスカペードアイランドのフロントで借りることができる。

フランス語なし、英語だけで借りられたよ!
ビーチタオル、プリーズでOKある

 

メトル島、無人島ツアーに参加するときはソフトドリンク、ウィンドブレーカー、バスタオルを必要に応じて持っていくと快適

 

持ち物

メトル島近辺の無人島満喫ツアーで、グースとハムが実際に持っていった物は次の通りだ。

持ち物リスト
ビーチタオル(ホテル貸し出し有)
ライフジャケット(ホテル貸し出し有)
ウィンドブレーカー(寒さ対策)
日焼け止め
シュノーケルグッズ
ソフトドリンク
スマホ
スマホ防水ケース
Go Pro 防水ケース付き
Go Pro 自撮り棒
ちょっとしたお菓子もあると嬉しいあるね
服装
ラッシュガード
レギンス
水着
マリンシューズ
サングラス
麦わら帽子

 

【ニューカレドニア旅行記】 メトル 島を巡る旅! カタマランヨットでサンセットツアー
メトル メトル 島沖から鑑賞するサンセットツアー メトル島近海の無人島ツアーでシュノーケル・ウミ...

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント