【ニューカレドニア旅行記】島内唯一の5つ星ホテル! メリディアン イルデパン を満喫 前編

旅行

イルデパン

ヌメアからメリディアン イルデパン へ

イルデパン島へは、ニューカレドニア国内線の飛行機が出る マジェンダ空港 から向かう。

マジェンダ空港は、ニューカレドニアの国内線エアカレドニアの拠点である。ヌメア市内からマジェンダ空港までは車で15分ほど。近い!


出典:近畿日本ツーリスト

空港で手続きを済ませ、搭乗ゲート前で待つこと30分程度。飛行機の準備ができ、搭乗!オレンジ色の尾翼が特徴的。air caledoniaと書かれた機体はプロペラ機。

エアカレドニアの飛行機の座席は全席自由席!指定席がなく、高齢者などの優先搭乗を除けば、乗り込んだ順番に席を取っていく早い者勝ちスタイルだ。

プロペラがすぐ横に見える席に座ったある

エアカレドニアの飛行機では、手荷物は5kgまでと、わりと制限が厳しい。事前に空港の重量計などで要チェックである。

また、結構な頻度で欠航するらしく、実際にハムとグースがイルデパンに到着した次の日の便は欠航したとか… 余裕をもった日程にするべし。

フライト時間は30分ほど。無事にイルデパン島に到着。ニューカレドニアのシンボルともいえる南洋杉が飛行機の窓からも数多く見えた。

空港内は綺麗。中に入ると、ミニマムな荷物受け取り所があり、そこで荷物をGET。

イルデパン 空港からメリディアンイルデパンまでは、バスで移動。街灯などあるはずもない、月夜のみで照らされる真っ暗な夜道をひた走ること30分程度。

出典:株式会社エス・ティー・ワールド ホームページ

小さな橋を渡ったさきに、ホテルはあった。

 

エアカレドニアの飛行機席は 指定席なしの早い者順 で、窓側の席は人気。手荷物は5kgまでなので要注意!

 

メリディアン イルデパン に到着

バスから降りて少し歩くとフロントが見えた。縦の空間をこれでもかというぐらい贅沢に使った間取り、木組みがとても美しい。さすが、5つ星ホテルだ。

メラネシア系のスタッフに席に案内された。ゴージャスなホテル内装を楽しんでいると、気さくな感じの日本人女性スタッフがウェルカムドリンクを持ってやって来た。

日本語が通じるありがたい!ウェルカムドリンク美味い!

簡単な手続きを済ませ、イルデパンの醍醐味 ピッシンヌナチュレル の説明を詳しく教えてもらった後、いったん部屋へ。

メリディアンイルデパンでは、様々なロケーションの部屋が用意されている。森の中、ホテルメインの近く、海に面している等。全てバンガロータイプで1つ1つの部屋が独立している形式だ。

ハムとグースの部屋はいったいどこなのかとワクワクしながら進んでいき、ついに発見!下写真の中央一番下で黄色く塗られた一角。これが我々の部屋だった。

少し海に突き出した土地に位置するこのバンガローは、他の部屋からも隔離されていて、周囲270度ほどを海に取り囲まれている。ロケーションとしてはまさに最高なのだが…

周りが真っ暗で怖いあるうう

灯りはバンガローの扉の上にぽつんと1つあるのみ。部屋の向こうには真っ暗な世界が広がっていて、ブラックホールか死後の世界に誘われるような恐怖感に締め付けられたグースとハム。一目散に部屋に逃げ込んだ。

部屋の中は、フロントの迫力に負けることなく、とてもオシャレで豪勢な雰囲気!お姫様ベッドの上方には、純白のレースがかかっている。ちょっとした書斎まである。

天井では、換気プロペラが優雅に回っている。

バンガローは3つの部屋で構成されている。メイン部屋の天井は四角錐だ。

部屋にはたくさんの窓がついているが、夜は怖くてあけられそうにない。少し部屋で休んだ後、食事を取りにホテル内レストランへと向かった。

 

ホテル内レストランでのディナー

メリディアンイルデパン には、レストランとバーがある。ちょっとした軽食やお酒はバーで頼むことができる。

レストランでウェイターに名前を告げると、大声で復唱してくれた。快活で笑顔が眩しい。ウェイターの大半はメラネシア系のようだ。

ここでのお目当はエスカルゴ!イルデパン でしか食べられない・外に持ち出しできないものらしく、楽しみにしてきた。注文してから15分程度で料理が運ばれて来た。

想像していたよりは、カタツムリっぽさを感じない形状。さっそく中身を取り出し、添えてあるパンと一緒に食べてみた。

食感は期待以上のプリプリ感!今までに食べて来たどんな食材よりもプリプリしている。味は、ガーリック・オリーブオイルで構成されており、クセがなくとても美味しい。

他にも、牛肉のカルパッチョ等を注文。ニューカレドニア名物というよりは、高級フレンチを食べているという表現が正確だ。どの料理も美味しかった!

 

イルデパン名物のエスカルゴは絶品! 一度は食べてみるべし

 

ビリヤード、チェス、DVD広場

ディナーを満喫。部屋に戻る前に、寄ってみたい場所があった。メインロビー2階にあるビリヤード場だ。1階フロントでビリヤードに使うスティックを借りることができる。

木製の階段を登っていくと、ビリヤード台が見えた。

2階には、ビリヤード、チェス等のボードゲームができ、サイドにはDVDや本がぎっしり敷き詰められている。これらは全てフリーでレンタルすることができる。日本語のDVDや本も結構おいてある。

四角錐の天井に散りばめられた木組みとライトアップがオシャレだ。贅沢な空間でビリヤードを存分に楽しむ。海で食べる焼きそば効果は、イルデパンで楽しむビリヤードにもあてはまるようだ。

机自体がチェスボードになっている。駒は全て木製。

チェスやってみたいけど、ルールが分からないあるう

ライトアップされたDVDや本。迷った末に、ナイトミュージアムをレンタル。部屋にはもちろん、DVDデッキもある。

 

メインロビー2階のビリヤード場・DVD広場は一見の価値あり!

 

【ニューカレドニア旅行記】 イルデパン を巡る旅!サンモーリスの記念碑・オルタンス女王の洞窟
イルデパン イルデパン島を巡る旅 〜陸上編〜 フランス語で海の宝石と称される イル・デ・パン島。...
【ニューカレドニア旅行記】 イルデパン を巡る旅!クトビーチ・カヌメラビーチ
イルデパン イルデパン島を巡る旅 〜水上編〜 フランス語で海の宝石と称されるイル・デ・パン島。 ...
【ニューカレドニア旅行記】イルデパンを巡る旅!神秘すぎる絶景 ピッシンヌナチュレル への道
ピッシンヌナチュレル ピッシンヌナチュレル  フランス語で 海の宝石 と称される イル・デ・パン...
【ニューカレドニア旅行記】イルデパンを巡る旅!神秘すぎる絶景 ピッシンヌナチュレル 満喫&持ち物
ピッシンヌナチュレルの個性豊かなお魚達を簡単なmap形式でご紹介します!

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント