【奈良県奈良市】 東大寺 観光スポットを巡る旅!二月堂・わらび餅・ 東大寺ミュージアム 後編

旅行

東大寺

大仏殿、数々の仏像様を鑑賞し東大寺に満足したので、次は 二月堂 を目指す。常夜灯が両側に並ぶ階段を登る。

段差が低く登りやすい階段。

階段を登りきると、見えてきた。二月堂!

大仏殿の東方に位置する二月堂は、山裾に建てられた舞台造のお堂だ。ここでは毎年3月、修二会(しゅにえ)と呼ばれる伝統行事が行われる。

青空に突き出した屋根が美しい。

ここからまた階段を登る。傾斜はなかなか。登りつめ、西に張り出した舞台に立つと…

絶景!

東大寺の建物と木々。そして、大仏殿の大屋根越しに広がる奈良市内の街並みと山。快晴で風が気持ちよく、しばらく古の奈良の風景を眺めていた。

奈良駅から、ここに来るまでなかなかの距離を歩き、階段を登ってきた。体力も使うが、二月堂舞台からの景色は是非見るべき観光スポットである。

しばらく景色を楽しんだ後、登りと反対側から二月堂を降りた。木造の屋根に覆われた長い階段である。

 

二月堂舞台からは大仏殿の大屋根越しに奈良市街が一望できる!奈良駅からはなかなかの距離だが是非見るべきオススメスポット!

 

東大寺 への道 〜 わらび餅 〜

二月堂からの景色を楽しんだあと、ハムちゃんにはある楽しみがあった。それは、わらび餅 だ。奈良の名物として、柿の葉寿司と並んで有名なわらび餅。

ここまで頑張って登って来たのは、わらび餅のためある

今回、わらび餅を頂くのは、龍美堂

ふるふると揺れる柔らかい質感が魅力である わらび餅は、甘藷でんぷんとわらび粉で作られている。龍美堂のわらび餅はさらに、とろみのある甘くて美味しい黒蜜にどっぷり埋まっている。

店内は撮影禁止なため、写真はないが、わらびもち[抹茶セット]を頂いた。美味い!二月堂に訪れる際には、是非一度ご賞味あれ。

 

東大寺への道 〜 東大寺ミュージアム 〜

二月堂とわらび餅を堪能し、次なる最終目的地を目指す。東大寺ミュージアム

二月堂を降り、左大佛殿道を行く。

側面に続く土壁に風情を感じながら東大寺ミュージアムを目指す。人通りも少なく良いルートだ。

小道を抜けると、再び人で賑わうエリアに。鹿とまたまた出会った。ほんと、可愛い。

そしてついに、東大寺ミュージアム へ。平成23年10月に開館したそうだ。

東大寺ミュージアムでは、「東大寺の歴史と美術」をテーマに展示が行われている。

中でも個人的に好きだったのが、千手観音菩薩立像。もとは四月堂に納められており、平成25年に東大寺ミュージアムにお迎えされた。

仏像様の背後から伸びる42本の脇手は、壮大で存在感に満ちている。一つ一つの手が持つ物を目で追っていると、仏像様に吸い込まれそうな気持ちになる。一見の価値ありだ。

ふと、はむちゃんを見てみると…館内隅にある椅子に座っていた。

眠いあるう
ここまで結構歩いてきたもんね〜笑

 

東大寺の歴史と美術が堪能できる東大寺ミュージアム。特に、千手観音菩薩立像は一見の価値あり!大仏殿入場・東大寺ミュージアムはセットで買うとお得。

 

奈良観光について

以上で、奈良観光日帰り旅は完了。

JR奈良駅から徒歩ではじめた旅だが、奈良の古を感じさせる数々の歴史的建造物や仏像様、大人しくとても可愛い鹿達(癒し)、そして、柿の葉寿司・釜飯・わらび餅などのグルメと、奈良で素晴らしい観光スポットを見つけることができた。

鹿さんの癒しとグルメの満腹感、すばらしいある

歴史が感じられる観光スポットは、日本に数多く存在する。

しかし、これだけの規模の観光スポットが、駅から歩いて日帰りで巡れる(もちろん、じっくり巡ろうとすれば何日もかかると思うが)ということは、とても凄いことだ。

バスに乗らなくても観光スポットを一通り巡れるのって、すごい

日帰りでも泊まりでも、ぜひ一度奈良を訪れることをオススメする!

 

数々の歴史的建造物や仏像様、大人しく可愛い鹿達、グルメ。これら全てが駅から徒歩で日帰りでも巡ることができる観光スポットの塊である奈良!ぜひ一度訪れることをオススメします。

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント