【奈良県奈良市】東大寺 観光スポットを巡る旅! 三条通り・中谷堂・興福寺 前編

旅行

東大寺

そこは、大仏様でおなじみの 東大寺、興福寺 などの歴史的建造物が多いだけでなく、可愛い鹿が行き交う 奈良公園 も有名であり、子供からお年寄りまでのんびり楽しむことができる場所である。

しかさんに触ってみたいある!
ずっと前に修学旅行で奈良市に行ったことはあるけど、今なら歴史的建造物鑑賞をもっと楽しめそうだね

そこで、奈良市への弾丸日帰りツアーを実施することに!

 

奈良観光地への道

奈良観光地の最寄駅は2つある。近鉄奈良駅、JR奈良駅だ。

近鉄奈良駅の方が観光地に近いが、交通の理由から、今回はJR奈良駅をスタート地点とし歩いて行くことにした。

JR奈良駅からだと、徒歩で15分程度。

JR奈良駅を背後に存在感を出す奈良市総合観光案内所。いざ、出発!

さっそく奈良っぽさを醸し出すものを発見。興福寺中金堂再建落慶と書かれている。

奈良観光地へと続く三条通り

瓦屋根を提げたLAWSONも奈良仕様

ところどころにガチャガチャが置いてある。推しメンと思われるキャラクターのしかまろくん、可愛いね。

通りに面したお店を眺めならが楽しく歩いていると、バシバシバシという音と、エイッエイッエイッっという掛け声が響いてきた。

声のする方に近づいてみると、餅 中谷堂の看板を発見!

おもちをついてるある!

羽織を身に纏った方が二人掛かりでお餅を付いていた。せっかくなので、よもぎ餅を2つお買い上げ!

満遍なくまぶされたきな粉、よもぎの風味がマッチングしており、餅はもちもち。中の黒餡とよく絡み、とても美味しい!

美味しく食べ終えたところで、再出発!

少し歩くと、ひらけた場所に出た。右手向こう側には、猿沢池という大きな池があり、左手には、興福寺へと続く階段がある。

 

興福寺

興福寺は、平城京遷都が行われた710年に創建され、藤原氏の氏寺として古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。

傑作の仏像を多数所蔵しており、古都奈良の文化財の一部として世界遺産に登録されている。

駅から歩いてすぐの所に世界遺産があるとは。奈良市すごい!

いよいよ興福寺。猿沢池を横目に階段を登っていくと…

まず出迎えてくれたのは、興福寺・南円堂(重要文化財)。八角形が印象的な八角円堂で、内側を覆い尽くす朱色が鮮やかだ。

さらに歩いて行くと、建造物が2つ見えてきた。

1つは天高くそびえ立つ建造物。興福寺・五重塔(国宝)。高さは約50mで、京都東寺の五重塔に次いで日本で2番目に高い古塔である。

近づいてみるとさらに圧巻。整然と並べられた屋根瓦、美しく湾曲した屋根、複雑な木組みが駆使されたこの建造物は、ただただ美しく見入ってしまう。

五重塔の隣には、興福寺・東金堂(国宝)

こちらも、木の骨組みが美しい。

さらに、中金堂。興福寺の中心的な堂宇で、過去に7度の火災にあったとか。

2018年に約300年ぶりに復興を果たした中金堂、2018年10月20日より一般拝観が始まっているそう。

今回はスケジュールの都合で行けなかった… いずれ訪れたい!

 

約300年ぶりに興福寺・中金堂が落慶。2018年10月20日より中金堂の一般拝観が始まるので、興味のある方はスケジュールに余裕を持って訪れるのがオススメ(奈良県は魅力溢れる観光スポットの宝庫)! 

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント