【 グアム 旅行記】恋人岬夕日鑑賞ツアー ②!アルフレードズ・ステーキハウスで絶品肉料理を食す

旅行

グアム

グアム 最高級のステーキハウス アルフレードズ

リゾート気分に浸りながら、グアムで最高級のステーキを食べたいる
高級ホテル デュシタニ の中にあるステーキハウスがグアム最高級レストランとしても有名らしいよ

その名も、アルフレードズステーキハウス!

グアムで最高級のレストランであり、味・雰囲気・サービスの3つ全てが揃っているグアムでは貴重なお店だ。

人気ホテルで、良い席を予約するのも難しそうだが…

実は、s.t.g-star tour guam が提供するツアー「【人気日本人公認ガイドとの完全貸切ツアー】夕方から楽しむ凝縮グアム!恋人岬夕日鑑賞、選べる人気ローカルレス トランディナー、夜景&星空鑑賞、Kマートショッピング」で、アルフレードズをチョイスしていた。

【 グアム 旅行記】恋人岬夕日鑑賞ツアー ①!断崖絶壁・絶景のタモン湾に沈む夕日を鑑賞
グアム グアム 恋人岬夕日鑑賞ツアー グアムのシンボルとして島旗に描かれているほど、観光で絶対に...

そのおかげで、恋人岬での夕日鑑賞ツアーを満喫したその足で、ホテル デュシタニ へと向かうことができた。もちろん、マサさん運転のプライベートカーでだ。

グアムに来て初めての高級レストラン、楽しみだ
レッツラゴー!

 

高級感漂う内観

ホテル デュシタニ に到着。

豊かなタイの歴史とおもてなしを融合させた5つ星の高級リゾート、ホテルデュシタニ。

独特な世界観で構築されたホテル内をずんずん歩き、アルフレードズ前に到着。

照明暗め、天井高め。シックでエレガントな雰囲気が漂う。

trip advisor の盾。

巨大なワインの陳列棚。

レストラン スタッフさんは西洋人。とても気さくでおもてなしレベルが高い。マサさんがスタッフさんと話をつけ、席まで案内してくれた。

そして窓側席に到着。

マサさん
マサさん
窓側席がちゃんと取れていて良かったです。では、約1時間後にこのホテル2Fにてお待ちしておりますので、ゆっくりとお過ごしください。

窓側席は、マサさんの粋な計らいのようだ。ツアースケジュール通り、約1時間後にディナーを済ませ2Fで合流することになった。

店内をグルっと見回してみる。

動物の剥製や大量の鏡が壁一面にかけられている。

スタッフさんの対応、店内の雰囲気、高級感があって良いね
はやくステーキ食べたいあるう

 

アルフレードズ ディナー

これがメニュー。日本語がバッチリ書かれていて、ありがたい。

厳選のすえ、エアルームトマト、ロブスタービスク、リブアイ、各種ワインを注文。

料理はほどなくして運ばれてきた。まずは、スパークリングワインで乾杯。

お通し。パンに乗っているマリネ的な野菜の味付けが美味い。

これも お通しor肉付属。白いクリームが美味しい。パンは後々のためにある程度取っておこう。

続いてサラダ。To Begin Cold:エアルームトマト $18

ゴルゴンゾーラチーズのクリーミーで濃厚な味と、レットワイン酢・塩コショウ・トマトのさっぱり酸味のマッチングGOOD!

美味しい、トマトってこんなポテンシャルを秘めていたのか

さらにスープ。Soup:ロブスタービスク $18

何も乗っていない平皿とティーポットが運ばれてきた。すると、スタッフさんが目の前でスープを平皿に注ぎ始めた。

急に良い匂いがしてきたある

このスープ、相当クリーミー。リアルロブスターを食べているよりロブスターを味わえる、凝縮スープだ!美味!

ここからメインディッシュの肉料理が運ばれてくるのに約30分ほどかかった。

予定時刻にかなり遅れそうだから、マサさんに話してくる

2Fまで行きマサさんに事情を説明。快く、待ってくれるとのこと。ほっと安心。

肉待ちの間、赤ワインをチビチビと飲む。若くない・良い感じに年増になった芳醇赤ワインだ。

そして遂に、Boneless:リブアイ 450g $65

なっかなかの大きさだ。さっそくナイフで切り分ける。

なんて綺麗な赤色なんだ!
柔らかい!ソースとお肉の味がとっても美味しいあるうう

ソースは2種類。大きめのニンニクも付いてきたので、味変で活躍してもらった。

美味しく頂いていたお肉だったが…

忍び寄る満腹感…
マサさんを待たせている時間的プレッシャー…

お味はボリュームも最高級。リブアイ450gはなかなかの物で、後半はフードファイターばりの気合いで何とか食べきることができた。

アルフレードズ

味・雰囲気・サービスだけでなく、ボリュームも揃った素晴らしいステーキハウスだった!

営業時間 17:00~22:00 と短めだが、グアムでリッチに最高級ステーキを頂きたい時にはオススメのお店だ。

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント