【 グアム 旅行記】リーフホテル散歩でプール・オーシャンビューを鑑賞

旅行

グアム

グアム リーフホテル散歩

グアム旅行で、グースとハムが宿泊したのは グアムリーフホテル。

街の中心部にもビーチ(タモン湾)にも近く、近隣にショッピング施設・観光地・レストラン・バーも数多く軒を連ねる。

南国気分を味わいながらショッピング・グルメを楽しむにはちょうど良い所にあるホテルあるね

さらに、客室やプライベートプールからのオーシャンビューは絶景で、ホテルスタッフの対応は親切で素晴らしいとか。

オーシャンビューを満喫したいな

そんなグアムリーフホテルをより楽しむため、ホテル散歩を実行することにした。さっそく、散歩開始!

 

プライベートプール

リーフホテルの入り口を抜けてまず目に飛び込んでくるのが、プライベートプール越しに見えるオーシャン!

プールとオーシャンの境目がキレイなグラデーションに見えるね

階段を下りると、目の前がプール。ヤシの木で南国感マシマシだ。

プール 海側から見える景色はまさに絶景。左側には、真っ白なビーチと海、緑とホテルが一枚の絵内に見事に協調している。

右側には、タモン湾の海の遠浅さがよく分かる景色。ビーチの白と海の青がキレイに混ざり合っている。

そして正面。水平線がクッキリ、思わずため息が出てしまうほどの絶景だ。

このプライベートプール。夕刻になると、水平線に沈みゆく夕日を鑑賞することだってできる。リーフホテルに泊まったら、1度は入ってみたいプールだ。

ハム達はナイトプールに入ったある

⬆️プールからホテルを見上げた風景

プールは夜22時まで営業。ナイトプールでは、日焼けを気にすることもなく、グアムの星空やホテル夜景の下、程よく暖かい水中遊泳を楽しむことができた!

 

リーフホテルのプライベートプールは夜22時まで営業。ナイトプールもオススメ!

 

グアム タモン湾ビーチ

プライベートプールの左側に外に出られる階段がある。それを降ると、そのままビーチに出られる。

階段を下り、しばし砂道を進むと…

ふおおおお!南国の海ある

遠浅のビーチには、バナナボートやクリスタルボートなど、たくさんのマリン遊具が浮かんでいる。

リゾート感漂うタモン湾。これらの遊具は有料でレンタルできるらしい。

右側の方に歩いてみる。

なんだかジブリっぽい。

ラピュタ辺りに出てきそうなスポットだ

階段っぽい段差を進む。

陰りを抜けると、またまた青い海!

リーフホテル前のタモン湾。ただただ散歩するだけでも、とても楽しめるスポットだ。

 

リーフホテル外観

ヤシの木2本のもと、リーフホテルの白い外観が映える。

グアムリーフホテルの外観で一番有名なモニュメントは、これだろう。いつ通りかかっても、誰かしらこのモニュメント前で記念撮影をしていた。

GUAMモニュメントの反対側には、REEFモニュメントも飾ってある。

 

リーフホテル内観

リーフホテル入り口を抜けると、広大な空間がお出迎え。フロントすぐ横には、日本人スタッフが24時間スタンバッており、何か困ったことがあればいつでも尋ねることができる。

海外旅行では、嬉しいサービスだね

ロビーには、たくさんのくつろぎスペースがある。

たまに、アメリカ軍の屈強な兵隊達やのどかなアジア人観光客がくつろいでいた。

朝食は、ホテル内の洋食屋サンゴで頂いた。

JTBツアーの通常プランでは、別棟のレストランが朝食会場やラウンジに利用されていたらしいが… エレベータ工事の都合により、今回は洋食屋サンゴが使われているとのこと。

サンゴからもオーシャンビューを楽しむことができる…が、朝早いと結露が多いのでオーシャンは見れない。

そこそこ朝遅い時間帯だと、サンゴの窓側席からタモン湾を一望できる。

こちらは、JTB専用ラウンジ。朝昼夜と楽しむことができ、夜にはお酒も提供される。

ちょっとした合間時間に休憩したりと何回も利用したよ、JTB便利だ

 

客室

今回宿泊したのは、11階。エレベータを下りて部屋に向かう。

ルームイン!ベッド2つ、テーブル座席2つ、ゆっくりとくつろげそうだ。

もちろんテレビ完備。グアムでは、日本のNHK放送をみることができる。

一番ありがたかったのは、ウォーターサーバー!常に冷えた美味しいお水を飲むことができ、とても重宝した。

家にも欲しいある

逆に、部屋になくて困ったものが、湯沸かし器。

近くのスーパーで買ったラーメンを食べようとした時に、湯沸かし器がないことに気づいた。しかたがないので、フロントに電話。

ホテルレストランで使っている物を貸し出してもらえた。無料だったよ。

部屋は海向き。

見事なオーシャンビューを、ベッドに寝転がりながら楽しむことができた。

夕刻には、日の入りを部屋から鑑賞することもできる。

 

ホテル室内には湯沸かし器がないので要注意。部屋はもちろん海側がオススメ!

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント