【 グアム 旅行記】マリンアクティビティ!パラセール&バナナボート+アクアウォークを満喫

旅行

グアム

グアム マリンアクティビティ

グアム島。360°を海で囲まれたこのリゾート地では、数多くのマリンアクティビティを楽しむことができる。

グアムの全貌・海を観ながら、大空へ舞い上がってみたいある
酸素ボンベ要らず、専用ヘルメットをかぶるだけで水中を散歩できるアクアウォークをやってみたい

これら全てを叶えるツアーを発見!創業32周年のスキューバカンパニーマリンスポーツが提供していたツアーの名は、「パラセール&バナナボート+アクアウォーク」である。

https://scuba-co.link/

このツアーでは、マリンスポーツの王道バナナボート、船に引かれて大空を舞うパラセイリング、専用ヘルメットをかぶり鮮やかな魚群を鑑賞しながら水中を歩くアクアウォーク全てを満喫できる。

今回は、ココ夏ッ通信 でスキューバカンパニーマリンスポーツのツアーを予約。

グアムのオプショナルツアー予約&観光旅行情報|ココ夏ッ通信
グアムのオプショナルツアーを参加直前まで予約ができます。観光、マリンアクティビティ、ディナーショー、ゴルフ、スパなど、様々な体験を掲載中。レストラン予約もできます。お得なWEB割あり!グアム旅行に役立つグルメ、ショッピング、観光情報も満載です!

価格は、大人 USD108、子供 USD94。所用時間は約5時間30分。

予約完了で届くメール内に、当日持参するバウチャー(利用券)が添付されている。実に簡単に予約ができた。

 

お出迎え&現地到着

スキューバカンパニーマリンスポーツには、ピックアップサービスがある。

集合場所は宿泊していたリーフホテルで良いとのこと。ありがたいサービスだ。

当日。リーフホテル フロント入り口あたりで待機していると、Scuba Co.と書かれた白塗りの車が現れた。ほぼ時間通りだ。

まじめな雰囲気の原住民スタッフがお出迎え。

その後、いくつかホテルを巡り2組ほどピックアップ。

それから、40分ほどドライブ。グアムの街並みを楽しんでいる間に、海に到着。


多くの船が停まっている風景。

さっそうと現れた現地ガイドに誘われ橋を歩く。

これがお目当の船だ。

さっそく船に乗り込む。いよいよ大海原へと旅たちの時。

 

バナナボートで水面を駆け巡る

船を走らせること数分。すっかり沖へと出た。

ここで、ガイドさんがライフジャケットを配り、バナナボートに乗船。

バナナボートは船後方にくくり付けられているね

どこまでも青の海に浮かぶバナナボート。順番の関係で先頭に座れた。

全員乗り込んだところで、バナナボートタイム開始!

思ってたより、滑らかな乗りごごちある

もっと激しく揺さぶられ、何人か振り落とされることも覚悟していた… が、とても滑らかで優雅な乗り物だ。

時折、大きく上下左右に揺れたり、水しぶきがかかったりして楽しい!

時間にして10分ほど。グアムの雄大な海と島を観ながら、バナナボートを楽しむことができた。

 

パラセイリングで グアム の大空へ舞う

バナナボート終了後、少しだけ場所を移動。見た目はイカツイが、優しいガイドさん2人。

おもむろに収納スペースからハーネスと大きな袋を取り出した。

ハーネスは足を通し、腰部をベルトで巻く簡易的なものだ。

これだけで大丈夫なのかしら…

グースの心配をよそに、大きな袋からはパラセイリングで使うと思われるパラシュートが登場。

準備が整ったらしい。どういう選考かは分からないが、グースとハムが最初に選ばれた。

パラシュートが勢いよく広がる。

手際よくハーネスをパラシュートに取り付けていくガイドさん。ここで何か説明してくれるらしいのだが…

ダイジョウブ、ダイジョウブ

以上で説明は終了。さすが、大雑把で優しい原住民ガイドさんだ。

そして、大空へ!少しロープが伸びたところで停止。

ふおおおおおお!これくらいの高さなら大丈夫あるね

船に乗っている人の顔がかろうじて見えるぐらいの高さ。パラセイリングのCM画像でよく見る感じの高さだ。

しかし…

その後、ロープは急激にぐんぐん伸びはじめ、グースとハムははるか空へ舞い上がった。

あぎゃああああああ

気がついたら、船は豆粒ほどの大きさになっていた。どれだけ高いんだろうか。

風がとても強い。はるか先にグアム島が見える。

いやっふーー、楽しいあるう

そのまましばらくブランコ状態で、大空を舞う。

はじめは、高揚感・緊張感から恐怖はあまり感じなかったが… グースの目に恐怖の図が飛び込んできた。

パラシュートとロープの結び目ってこれだけ…?

どういう結び方かは分からないが、ちょちょっとすればすぐに解けそうにも見える。簡単なハーネス、宙ぶらりんな足。全てが恐怖心を煽ってくる。

これはもう、恐怖心を紛らわすためにテンションを上げていくしかない!

突然、雨がかるく降ってきた。

そらーときーみーとの間にはー、今日も冷たい雨がふーるー♫ feat. 中島みゆき

グースとハムで、「空と君のあいだに」を熱唱。ちょう歌い終える頃にロープの巻き取りが開始され、高度が徐々に下がっていった。

このまま船にランディング、と思いきや…

あぎゃあああああ

船に着く前に着水!どうやら、最後に海にドボンと付ける → 再び空へ軽くあげる → 船にランディング、が一連のパッケージになっているらしい。すごいドライビングスキルだ。

他の組ものきなみ海にドボンしていた笑

こうして、グアムの大空をスリル満点で舞い飛ぶことができた!

 

実は、パラシュートとロープの結び目の話や、あの高さから落ちれば下が海であっても助からないことを知らなかったハムちゃん。

後日、話をしたところ…

ガクガクブルブル

 

アクアウォークで グアム の水中を歩く

バナナボートとパラセイリングを無事に終えたグースとハム。その後、船は岸へと戻り上陸。

車に乗り込み、再びドライブ。20分ほどで現地に到着。

かるく説明を受けた後、さっそくアクアウォークをすることになった。

オレンジ服のガイドさんに着いていく。

ウェットスーツがずらり。

上半身ウェットスーツを着て、いざ海へ!

海へ入ると、スタンバッテいたガイドさんが海から登場。何かガヤガヤ話していたが、ほどなくして白いヘルメットを海から取り出し、ハムちゃんにかぶせた。

あがあが

ハムちゃん、そのまま海へと沈む。

続いてグースも海へと沈んだ。

白いヘルメットはこんな感じで海に沈めてある。ヘルメットには細長いホースが繋がれており、そこから常に空気が供給される仕組みだ。

身振り手振りで説明を受けるハム。水深がそこそこ深いので、鼻抜きを定期的にやるためのレクチャーらしい。

ヘルメット重くて大きいあるう

ヘルメットと鼻抜きに慣れたところで、海をぐんぐん歩く。ロープをつたって歩くので安心。

熱帯魚がたくさんいる!楽しい!

慣れてしまえば、こっちのものだ。ゴーグルの窮屈さや、空気ボンベの煩わしさもない。顔周りだけ空気に覆われている安心環境で、全力で魚を楽しめる。

途中、ガイドさんが魚肉ソーセージをくれた。これをちぎって海に流すと、魚が大量に群がってくる!

大小様々・色とりどりの魚が縦横無尽に駆け巡る光景をしばらく鑑賞。

するとガイドさんが、「こっちを見て」的な合図をしてきた。振り向くと…

空気の輪っかを飛ばしてる!波動砲みたいでカッコいいね

波動砲に魚肉ソーセージを乗せて発射!瞬く間に魚が群がってきた。

さらに…

バブルリングある!!

ガイドさんが空気ボンベを外し、口からバブルリングを発射!綺麗なリング形状になり、海面へとゆっくり消えていく光景は幻想的だ。

アクアウォークは約7分ほどで完了。短い時間ではあったが、非日常でとても満足することができた!

アクアウォークから戻ると、ランチタイム。がっつり日本食だ。

ランチ後、少しの間シュノーケルを楽しむ時間があった。アクアウォークとは違い、ノーマルに水面から魚やサンゴの様子を見るのもやはり楽しかった!

 

注意点

スキューバカンパニーマリンスポーツが提供していたツアー「パラセール&バナナボート+アクアウォーク」

実に素晴らしいツアーだったが、1つだけ注意点がある。

それは、パラセール&バナナボートの間、トイレ休憩がないことだ。

中継地点にもトイレがない。ホテルを出発する前に絞り出しておくべきだ。

途中トイレに行きたくなった場合、船上にトイレはあるにはあったが… ⬇︎の収納スペースの奥底、灯のない真っ暗なトイレなので、ちょっと覚悟が必要だ。

とはいえ、船上トイレがあって助かったある
ちなみに、アクアウォーク場所には簡易トイレがあったよ

 

適切な格好

マリンアクティビティ。常に日に当たる状況ではあるが、グースとハムはほとんど日に焼けることなく切り抜けた。

それは、日焼け止めの力はもちろんのこと、2人とも下にレギンス、上にラッシュガードを着ていたからだ。

さらに、パラセイリングでハーネスベルトをつける際、レギンスを履いていると直接肌にこすれる心配もない。

肌を露出させないこれらのグッズは必須といえる。

▶︎レギンス

スカート付きレギンス

▶︎ラッシュガード

ラッシュガード レディース

さらに、マリンアクティビティでは欠かせないマリンシューズ。

▶︎マリンシューズ

【あす楽対応】ReefTourer(リーフツアラー) RBW3041 大人用マリンシューズ

日が陰るなどで少し肌寒く感じた時には、軽量・コンパクトで収納簡単なウィンドブレーカーがあると安心!

▶︎ウィンドブレーカー

FIRST DOWN 軽量ライトジャケット

 

万全の準備で、このマリンアクティビティ体験を、心ゆくまで満喫しよう!

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント