【千葉県大多喜町】 養老渓谷 のシンボル!朱塗りの観音橋を渡り出世観音堂を参拝

旅行

養老渓谷

千葉県 養老渓谷

なんだか、出世したい気分ある
養老山の雰囲気抜群な橋を抜けた先の立國寺に、まさしくな観音様がいらっしゃるらしいね

千葉県市原市 養老渓谷。

温泉旅館街の入口に架けられた朱塗りの橋「観音橋」は、養老渓谷のシンボルとも言える有名な観光スポットだ。

この橋を渡り、森を抜け、さらにトンネルを抜けると… そこには、今から800年以上前に源頼朝が捲土重来を期して奉ったと伝えられる、出世観音堂がある。

養老渓谷観光協会
房総随一の温泉郷 養老渓谷では、渓流釣りやハイキング、バーベキューなど、 手軽にアウトドアレジャーが楽しめます。

さっそく、車で向かった。

 

観音橋

養老渓谷周辺には、多くの駐車場がある。

はずだったのだが… ご時世のためか、どこの駐車場も閉鎖している。

もしかして、車停められない…

辺りを彷徨っていると、奇跡的に営業している駐車場を発見!

よかったよかった。

駐車場を降りて、地図をみる。観音橋は近くにありそうだ。さっそく歩いてみると、

あった!一際目立つ朱色の橋が、川を跨いで向こう岸の山にかかっている。

橋の凹凸具合がすごいある

橋から見えるは、渓谷な眺め。

 

出世観音堂への道のり

橋を渡ると森の中に突入。

落石注意とか、カーブ注意とかの看板をみると、なんだかドキっとするある

人気のない森道を慎重に進む。

怪しげなトンネルが見えてきた。

間近でみるともっと怪しい。坂になっているためか、先が見えないのが不安を煽る。

覚悟を決めて中へ入る。ひんやりした空気の中、音の反響が大きい。

トンネルは短く、抜けた先で階段を少し上がると、立國寺が見えた!

お目当ての出世観音様も発見。

出世観音様、黄金に輝いてるね
なむなむなむ

養老渓谷 散歩

無事に出世観音様を拝むことができたグースとハム。

しかし、

あづいあるううー滝か何かで涼しみたいい

そこそこ暑い夏も終わりの日。

せっかく養老渓谷に来たんだから、滝の1つぐらい涼しんで行こうか

特段、何のあてもなく養老渓谷をふらついてみることにした。

観音橋まで戻り、少し歩いていると、渓谷に降りられる場所を見つけた。

そこを進んでいくと、

渓谷だ!地層剥き出しの山が荒々しくて良い。

川辺で釣りを楽しむ人たちもいた。

遊歩道をさらに進むと、再び森の中へ。

途中、さびれたBBQハウスを通る。どうやら、もう営業していないらしく、廃墟になりつつあるようだ。

この廃墟と自然の融合、言葉で説明できない哀愁が漂うね

この辺りから、川沿いを鑑賞しながらの遊歩道になる。先には滝がありそうな雰囲気…

しかし、進んでいった先は、立ち入り禁止区域だった。遊歩道はループにはなっておらず、来た道を戻るシステムらしい。

渓谷は良かったけど、滝がないあるうう
果たして滝へは辿り着けるのか

次回へ続く。。

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント