【ねこくま、めしくま】LINEで人気の 自分ツッコミくま 書き下ろし漫画

ハムの部屋

自分ツッコミくま

「 自分ツッコミくま 」と「 ねこくま、めしくま 」

LINEのスタンプ 自分ツッコミくま。自分で自分をツッコムくまはとても可愛く癒されまくり。

シリーズは既に6.5まで進み、春夏秋冬編、健康編、らぶ編、とバリエーションも増え、他にも企業と共同でスタンプを出すなど、スタンプ業界を席巻している。

ハムは自分ツッコミくまのファンある!スタンプもシリーズ1の頃から買い続けているある

くまの作者さんは、LINEクリエイターズ殿堂入りを果たし、Twitterフォロワー数約20万人、様々な企業・アーティストとコラボレーションし一世を風靡するナガノ先生だ。

最近では、スタンプだけにとどまらず、自分ツッコミくま関連の商品が展開されたり、くまカフェが開かれるなど、その名は浸透している。

そんなナガノ先生が、身近にある小さな幸せをおすそわけして下さる漫画 ねこくま、めしくま。その名の通り、飼い猫の茶白・アメカとのほのぼのとした日常生活、そして、くまの食へのあくなき挑戦が描かれている。

ナガノ先生のツイッターをフォローしているハムは、その漫画の一部を既に読んでいたが、 ねこくま、めしくま はもちろん購入!

ねこくま、めしくま

【中古】文庫 ≪エッセイ・随筆≫ ねこくま、めしくま / ナガノ【中古】afb

価格:560円
(2019/1/5 22:05時点)

 

 

「ねこくま、めしくま」をGET

さっそく購入した ねこくま、めしくま。タイトル通り、表紙には「ねこ」「めし」「くま」が可愛く描かれている。くま、嬉しそう!

「〜ふとしたときに開いて笑える、癒しのイラスト文庫ができました。」と書いてある。まさにその通り!

その内容は… ぜひ ねこくま、めしくま を購入して読んでみるべし!とても癒される。第1章のねこ編では2匹の猫ちゃん(茶白・アメカ)が登場する。

同じく2匹のねこちゃんが登場する癒し系漫画の 二ャアアアン!(鴻池剛先生)とはテイストが全く違う。

二ャアアアン!では作者の悲壮感や猫ちゃんのツンデレ感から何となくほっこりするのに対し、ねこくま、めしくま は終始ほっこりするテイスト。絵の雰囲気も自分ツッコミくま同様、ただただ可愛い。

二ャアアアン!と ねこくま、めしくま の共通点は作者さんが飼い猫を大好きであること、そして、猫グッズをついつい買ってしまうことだろうか。

ねこ編も可愛いのだが、個人的には第2章のめし編、第3章のくらし編の方が、くまらしさが際立っていて好きだ。特に、くまの食・酒に対する思いには、かなりシンパシーを感じる。

外食をするにしても、コンビニなどでご飯を買ってくるにしても、くまは高すぎるいわゆる貴族飯に手を出さない。

くまが食べるのは、ラーメン二郎、明太子、納豆、タンメン、グラタン、にんにく、しゃけetc実に庶民的。そんなくまは、焼肉とバイキングが大好き。

なのに少食(笑)

くまの考え方・行動が自分に似すぎていて、めし編・くらし編はハムのことを書いているのかと思ってしまうある

これら全てにシンパシーを感じる。身近な庶民的な食でこれだけ楽しめるのは、素晴らしいことだ。

そんな愛くるしいくまを、これからも追いかけていこう!ナガノ先生のくま本がもっと出ることが本当に楽しみだ。

 

【MOGUMOGU 食べ歩きくま 】聖地巡礼! 上野動物園・あんみつ・アメ横 前編
食べ歩きくま 自分ツッコミくま と 食べ歩きくま LINEのスタンプ 自分ツッコミくま。自分で自...
【MOGUMOGU 食べ歩きくま 】聖地巡礼! 上野動物園・あんみつ・アメ横 後編
食べ歩きくま 食べ歩きくま 計画2:みはしであんみつを食べ(結果:動物園で他の物を食べすぎて満腹に...

 

記事一覧

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

 

コメント