【うさぎやCAFE】東京上野 老舗和菓子屋のカフェで上質な餡菓子を頂く

ハムの部屋

老舗和菓子屋のカフェ うさぎやCAFE

美味しいあんこを使ったお菓子を食べたいある!
餡にこだわり抜いた老舗和菓子屋のカフェが上野にあるらしいよ

その名も、うさぎやCAFE。老舗和菓子屋 うさぎや が餡の美味しさをさらに世に広めるべく、平成27年に暖簾上げしたお店だ。

うさぎや は どらやき が有名な和菓子屋で、大正2年、初代の名を冠した最中を看板商品に創業。100年以上に渡り、職人さんが経験と勘とで丹誠込めて餡子を作り受け継いできた歴史がある。

そんなお店が上野にあることを知り、おやつの時間に訪れることにした。

 

老舗和菓子屋 うさぎや

うさぎやCAFEの最寄駅は、都営大江戸線「上野御徒町駅」、JR「御徒町駅」、東京メトロ「湯島駅・上野広小路駅・上野御徒町駅」だ。

今回は、都営大江戸線「上野御徒町駅」から向かった。

地上に出て歩くこと数分。まず着いたのは、和菓子屋うさぎや。本店だ。

シンボルの白うさぎは、なかなかリアルな仕上がり。

本店を拝み、目的地に向かう。途中、車道の向かい側にラーメン屋を発見。

一風堂ある!あんこを食べる前にまずは、ラーメンで塩分補給するある

実は一風堂が大好きなハムちゃん。ハムなりの理屈により、一風堂で腹ごしらえをした。

もちろん、実に美味しかった。

 

うさぎやCAFEの雰囲気

一風堂から歩くこと5分ぐらい。うさぎやCAFEにたどり着いた。歴史が感じられる暖簾と、コンクリ・ガラス張りの店構え。

ビル群に囲まれていて、こんなところにカフェなんてあるのか?的な場所にあったよ(意見には個人差があります)

店内は落ち着いた雰囲気。電熱線がシースルーのオシャレな電球が空間を優しく照らす。

丸枠の窓が可愛らしい。

色紙と小物が飾ってあるスペース。

うさぎやCAFEのTシャツが壁に並ぶ。手前にはお土産?がずらり。

よく見ると、お酒やハワイアンな人形・水が置いてある。

実は、ハワイウォーターの天然水には餡のおいしさをさらに魅きたてるチカラが在り、うさぎやの餡とハワイウォーターは切っても切れない関係なのだ。

どうりで、店内のBGMがハワイアンボサノバ的なわけだ

ハワイアンと老舗和菓子。異色のコラボではあるが、2つは喧嘩することなくすっと馴染んでいる。

ふと壁に目をやると、独特な絵が飾られている。タイトル:うさぎやさんのための兎

和風ゴッホ?

おしぼりに うさぎやCAFE のマークがあったのでパシャり。外形が兎の顔、緑色だ。

 

うさぎやCAFEで餡菓子を頂く

店内の雰囲気を楽しんだところで、メニューを選ぶ。

スマホの影がある、反射が光って見えにくいあるね
。。。

季節は晩秋、寒い。店内は暖かいものの、暖かそうな うさ志る古、うさぎフレンチ焼き、コーヒー を注文。

待つこと、5分程度。料理が運ばれてきた。

コーヒーの器が独特な色合いでとても良いね

こちらが、うさぎフレンチ焼き。まるまるとした生地はとても柔らかそう。

中には餡がたっぷり入っている。フレンチ焼きと餡子、GOOD!

続いて、うさ志る古。サクサクの生地に餡子を乗せて食べるも良し、砕いて餡子に混ぜて食べるも良し。

ハムは両方の食べ方であんこを堪能したある

味のある黒器に輝く絶品餡子。さっぱりとした甘み、豊かな豆の香り、実に素晴らしかった!

餃子(ぎょうざ)と餡子(あんこ)、似てるあるね

 

うさぎやCAFEでは、ハワイアンと和風がコラボした独特な雰囲気のもと、絶品餡子を使った和菓子を堪能できる!

 

記事一覧
記事一覧 【海外旅行・国内旅行・ハムの部屋・グースの部屋】 海外旅行 ニューカレドニア ...

 

▼日本ブログ村でのNOTAMARIはコチラから▼

日本ブログ村 旅行ランキング

コメント